ドローソフトでのイラスト制作について
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOBBY/12"figure
今回は趣味のお話…かつて「秋葉原」といえば「電気屋街」だったんだけど、いつ頃からだろう?「オタクのメッカ」の方が一般的になってる。パソコン系もホビー系も興味のある自分としては必然的に足を運ぶ事も多く、決して嫌いな街ではないんだけど、なんだか一般的にはサブカルチャー的印象がクローズアップされすぎていて、TVを代表とするマスコミの扱いには多少の嫌悪感がある。

秋葉原論はともかくとして、自分は模型に代表されるミニチュアが好き!!ブームだった事もあるが小学校の低学年の頃からのプラモデルに始まり、今は12インチ(約30cm)のフィギュアへと…。もちろんその変遷には様々な要素が加わるけど、振り返ってみると基本的な背景にあるのが「映画とミリタリー」なのを今更だけど気づいた。

ちょっと急用!!…すいませんこの続きは改めて…

PLATOON

↑部屋にある12インチフィギュアの一部「PLATOON」の3人衆。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。