ドローソフトでのイラスト制作について
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追悼・マイケルジャクソン氏
先日6月26日、突然のマイケルジャクソンの訃報…マイケルジャクソンと同世代の自分は、少なからずマイケルの音楽を身の回りの音として感じてきた。マイケルの音楽活動が盛んな頃に、自分もまた多くの音楽を聴いていた時期がリンクするし、「スリラー」「ビートイット」等のMPVも出たてのHi-Fiビデオでよく再生していた。

そんな事もあり音楽活動が少なくなったマイケルでも、やはり動向は気になり、ある時期からの執拗な報道やゴシップには同情を禁じ得なかった。そんな中、先のイギリスでの「音楽活動復活会見!!」はただ訳もなくホッとし、嬉しかった。…まだ、あれからそんなに経っていないのに、今回の訃報。


音楽の世界のみならず、平和や社会運動の面からも影響の大きかったマイケル。その死は、世界的にとっても大きな損失になるのだと思う。かつて「世界の地雷撲滅運動」等のキャンペーンを盛んにしていたダイアナ妃が亡くなった時にも感じた、漠然とした「大切なのモノ」への喪失感をまた感じてしまう。

1988年12月25日東京ドーム27列245番席(最上段・最後部)10人ほどの友人達と観に行った「ジャパンツアー」の想い出と、マイケルのフィギュアで、ささやかな追悼…マイケル、ありがとう。ご冥福をお祈りします。

マイケル追悼
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

東京スカイツリー
今日から7月、個人的には誕生月なので心なしか気分も軽やか(^ ^)ゝ。
前回の趣味の話しに続き、今回もイラレの解説とは何の関係も無い話しで恐縮です。m(_ _;)m

今日初めて「墨田区業平」という所へ仕事の打ち合わせで向かった。東武伊勢崎線「業平駅」で下車…初めてだった事もあり、ふと無意識にホームから周囲の様子を見渡し、その異様ともいえる工事現場に思わず目が停まってしまった。「今時あんな大きな工事…しかも駅前だし…一体なに?」
…そう思いつつも、改札を抜ける頃には閃いた!!…あれってもしかすると新東京タワー「スカイツリー?」
目的地に向かい歩みを進める内に再び、さっきの工事現場が見えるポイントに遭遇…その場に居たガードマンに尋ねてしっかり確認。これはもうデジカメスルしかない!!そんな経緯で撮った写真をアップします。

東京スカイツリー

左は現場近くに掲示されていた「完成予想図」の一部…完成すると地上からの全高が610mにもなるらしい(!)途中の第一展望台で350m、そこで既に現役の東京タワーのテッペンより高くなる。さらに第二展望台は地上から450m…もはや未知の領域。今までなら「ヘリコプター」でなければ体験出来ない視界。完成は2012年らしい~完成したら是非一度は登ってみたいもので~す。o(~o~)o
右は今日(2009年7月1日12時32分)南西の方角から撮影した工事中スカイツリーの写真です。

7月1日(水)/天気:曇り/の1コマでした。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。